BTC100万円維持失敗 ディフィカルティーがどこまで下がれば売り一巡か?

長谷川友哉
2020-05-25
(
Mon
)
Facebook
Twitter
Line

5月第4週(18日〜24日)のビットコイン(BTC)対円相場は9.3万円安(- 9.03%)の94.2万円と、今年の高値圏で値幅調整。12日の半減期後初となるマイニングの難易度調整で、ディフィカルティーは- 6%と比較的大きく下げた一方、2009年2月より動くことなかった50BTCの一部送金が検知され反落。ハッシュレートも3月の相場暴落後の水準まで低下し、需給悪化の懸念から売り優勢の展開となり、相場は103万円から90万円台前半まで沈んだ。

12日の半減期でマイナーの収益は半減し、相場が50%安となったのと同じ状況にある。これは、18年末にかけての相場暴落と似た状況だ。当時、相場は11月14日に71万円から下落を始め、翌12月の15日に36万円の安値を記録し底入れとなった(≒50%安)。この際、ディフィカルティーは相場が下がり出したサイクルを含め3サイクルかけて30%ほど低下し、4サイクル目で反発していた。このことから、マイニング収益性半減後にどれだけディフィカルティーが下がればハッシュレートの反発が見込めるかの見当がつく。半減期直前のディフィカルティー(16.1テラ)の70%は11.27テラとなる。すでに今月20日の調整でディフィカルティーは6%低下し15.1テラとなっているが、cryptothis試算の次回ディフィカルティー調整予想値が-9%〜-17%なため、次の調整でディフィカルティーは13.74テラ〜12.53テラに着地することとなり、目標の11.27テラに近付く。18年当時からマイニング機材の性能が向上したことを考慮すれば、次のサイクルでハッシュレートの底打ちが見込めるか。また、6月からは中国で雨季が本格的に始まるため、電気代の低下がハッシュレートの支えとなるか注目だ。

米中間の緊張の高まりや英中銀のマイナス金利導入の可能性など、BTCの支援材料となり得るが、ディフィカルティーが十分に低下し、BTCのファンダメンタルズが復調するまで相場はアク抜けとならないか。今週29日はシカゴマーケンタイル取引所(CME)BTC先物の5月限月最終取引日となっており、荒い値動きに注意を要そう。ファンド勢のロングとショートは先週も拡大傾向にあり、巻き戻しのエネルギーは相応に溜まっていると指摘される(第1図)。下値目途としては、目先、ボリンジャーバンド-2σ(91.5万円)があるが、10日安値(86.9万円)、ボリンジャーバンド-3σ(87.4万円)、200日線(87.5万円)が密集する87万円周辺のエリアまで下げる余地もありそうだ。

第1図:BTC先物(CME)建玉残高、ファンド勢ポジション推移 出所:CFTCより作成
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第3図:左;BTCXRPMONABCC対円チャート、右;LTCETHMONABCC対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:BTCXRPMONABCC対円前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第2表:BTCXRPMONABCC対円期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3表:BTCXRPMONABCC対円前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第4表:LTCETHMONABCC対BTC前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第5表:LTCETHMONABCC対BTC期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第6表:LTCETHMONABCC対BTC前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第7表:市場時価総額、出来高(¥) 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成
第8表:主要銘柄市場占有率 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/05/25:BTC100万円維持失敗 ディフィカルティーがどこまで下がれば売り一巡か?

Latest Post