1200ドルの窓を3日で埋めたBTC ハッシュレート下落は寧ろ好材料か

長谷川友哉
2020-05-15
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

14日のビットコイン(BTC)対円相場の終値は5.5万円高(+ 5.56%)の105.1万円と3日続伸。日本時間13日午後10時から行われた米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長講演を前に相場は95万円から上昇を始めた。マイナスの政策金利についての言及が注目された同講演だったが、パウエル議長は従前同様にマイナス金利導入を否定。しかし、コロナショックの経済への影響が長期化するとの見解が株価を押し下げた一方で、追加財政出動の可能性が言及されたことが金やBTCの支援材料となり、この日のBTCは100万円にタッチした。14日の相場も、東京時間から中盤の欧州市場まで上げ一本調子で106万円まで戻したが、対ドルで心理的節目の1万ドルにタッチし、週明けに1200ドルほどギャップダウンして寄り付いたシカゴマーケンタイル取引所(CME)の期近BTC先物が窓埋めを完了すると、目標達成感から相場は押し返された。NY時間の相場は102万円で下げ止まり、足元、安値を切り上げつつ高値圏で揉み合っている。

13日のビットコインハッシュレートは凡そ20%下落し、半減期後のマイニング収益性悪化の影響が浮き彫りとなったが、ハッシュレートの下落に対する相場の逆行高に鑑みるに、相場への影響は限定的だ。一方、3日で13万円ほど戻したBTC相場には過熱感も伺え、続伸には多少の調整期間を要しそうだ。ヘッジ目的の買いも期待されるが、利食い売りも相まって目先の上値は限定的か。

通常であればハッシュレートの下落は好材料ではないが、19日予定のディフィカルティー調整までにハッシュレートが続落し相場が高値を維持できれば、マイニングの収益性悪化に歯止めがかかるため、向こう3日間ほどのネットワーク動向には注目だ。

第1図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第2図:左;BTCXRPMONABCC対円チャート、右;LTCETHMONABCC対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:BTCXRPMONABCC対円前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第2表:BTCXRPMONABCC対円期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3表:BTCXRPMONABCC対円前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第4表:LTCETHMONABCC対BTC前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第5表:LTCETHMONABCC対BTC期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第6表:LTCETHMONABCC対BTC前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第7表:市場時価総額、出来高(¥) 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成
第8表:主要銘柄市場占有率 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/05/15:1200ドルの窓を3日で埋めたBTC ハッシュレート下落は寧ろ好材料か

Latest Post