ビットコイン月足は大幅反発 過去のパターンは値幅調整を示唆

長谷川友哉
2020-05-01
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

4月のビットコイン(BTC)対円相場は前月比23.49万円高(+ 33.98%)の92.6万円と、2月終値(92.4万円)を回復し、3月の下げ幅をかき消し大幅反発した(第1、2図)。4月上旬の相場は、ビットコインキャッシュ(BCC)とビットコインSV(BSV)の半減期を控え70万円から80万円周辺までジリジリと値を戻した一方、イベント通過後に両ネットワークのハッシュレートが激減したことが警戒感を誘い、BTC相場はジリ安に転じた。中旬にかけては、BCCとBSVのハッシュレートは下げ止まり、BTCのハッシュレートが堅調に推移すると、節目の70万円で押し目買いが入り反発。その後、ブルームバーグが、BTCがデジタルゴールドとしての地位を確立しつつあるとポジティブなレポートを発行したことを切っ掛けに買いが入り、80万円台を回復。半減期が間近(5月12日予定)に迫り根強い買い支えが続き、29日に相場は急伸し200日移動平均線(86.9万円)を上抜け、翌30日には2月26日ぶりに心理的節目の100万円にタッチした。足元では、目標達成感やRSIが「買われすぎ」水準となる70%を超えたことで利確売りに押され、30日の相場は上に往って来いとなった。

ブルームバーグのレポートが影響したか、29日発表の米GDP速報値(20年1月〜3月分)が前期比-4.8%と11年ぶりにマイナス成長に振れ景気後退が示唆されたことも、BTC相場の支援材料になった模様だ。市場では、第二四半期には成長率が-40%まで落ち込むとの予想もあり、この先もある程度逃避マネーの流入が期待される一方、BTCは目先の半減期に注意が必要だろう。先月の派生銘柄の半減期の際とは異なり、現状のBTC相場は3月安値から100%ほど戻している上、4月には検索ワード「bitcoin halving」がGoogle Trendで上昇していたことに鑑みるに、BTCの半減期は織り込まれている可能性があり、セル・ザ・ファクトが入る可能性もあると指摘される。また、第2図からもわかるように、過去8年間で4月に相場が30%以上急伸した後は値幅調整が2ヶ月程続く傾向が見られた。

上述の通り、足元では相場に過熱感があり、節目の90万円や200日線の走る87万円周辺がサポートとして機能するかに注目している。特大イベントを目前に相場が強く押しているため、若干、手控え傾向が強くなることも指摘され、相場が反発しても半減期までに直近高値(100.9万円)の更新は厳しいと見ている。

第1図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第2図:BTC対円月次騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3図:「bitcoin halving」Google Trend数値 過去90日間のデータから算出 出所:Googleより作成
第4図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第5図:左;BTCXRPMONABCC対円チャート、右;LTCETHMONABCC対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:BTCXRPMONABCC対円前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第2表:BTCXRPMONABCC対円期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3表:BTCXRPMONABCC対円前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第4表:LTCETHMONABCC対BTC前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第5表:LTCETHMONABCC対BTC期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第6表:LTCETHMONABCC対BTC前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成

第7表:市場時価総額、出来高(¥) 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成
第8表:主要銘柄市場占有率 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Daily 2020/05/01:ビットコイン月足は大幅反発 過去のパターンは値幅調整を示唆

Latest Post