ビットコイン年初来安値割れ バイナンスのFTX電撃買収でも懸念燻る?

長谷川友哉
2022-11-09
(
Wed
)

8日のビットコイン(BTC)対円は10%超の大幅安。対ドル相場は一時的に年初来安値を割り込んだ。アラメダリサーチの資産の多くがFTTトークンと同トークンを担保にした借入だという報道を受け、バイナンスのCZが保有するFTTを全て売却すると発表したことを巡り、アラメダはFTTを22ドルで買い支えるとしていたが、この日の東京時間にFTTが同水準を割り込んだことで市場は全面安となり、BTCは300万円を割り込んだ。その後、バイナンスのFTX電撃買収が発表され、相場は300万円を回復するも、20ドルに戻したFTTが反落するとBTCも連れ安。BTC対ドルは今朝方に年初来安値を一時的に割り込んだが、その後は18,500ドル(≒269万円)周辺まで戻している。

ビットコイン概況
第1表:前日のBTC対円四本値と値動き 出所:bitbank.ccより作成
ビットコインチャート
第1図:前日のBTC対円(左、1分足)と直近3カ月のBTC対円(右、日足)チャート 出所:bitbank.ccより作成

経営難の暗号資産(仮想通貨)サービス会社を救済してきたFTXだが、バイナンスに救済される驚きの展開となった。FTXは昨日、一時的に出金停止が指摘されたが、現在は出金受付が可能となっている模様だ。買収により一件落着に見えるが、FTXが救済してきた企業の行く末や、実際に出金が行われる目処が立っておらず、懸念は燻るか。一方、共和党が優勢となっている米中間選挙を巡り、米株市場は底堅く推移、10日の米消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化を織り込み国債利回りも低下しており、マクロ的にはBTCに追い風と言える。加えて、昨日のBTCの出来高増加や先物資金調達率の大幅下振れ、さらに含み益コイン割合の50%割れに鑑みれば、セリングクライマックスが指摘され、目先のBTC相場は底堅い展開が見込まれる。

ビットコインハッシュレート,ディフィカルティ,先物資金調達率
第2図:ビットコインのハッシュレート、ディフィカルティチャート(左)と先物資金調達率(右)チャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコイン市況データ
第2表:その他BTC市況データ 出所:bitbank.cc、Glassnode、CoinGeckoより作成
アルトコイン概況
第3表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/11/09:ビットコイン年初来安値割れ 電撃買収発表でも懸念燻る

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL