米長期金利低下でBTC反発 上値は限定的か?

長谷川友哉
2022-10-04
(
Tue
)

3日のビットコイン(BTC)対円は4日ぶりに反発し280万円を回復した。シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物取引再開を期に不安定な値動きで始まった今週のBTC相場は、昨日東京時間に19,000ドル水準(≒275万円)割れを試す場面も見られたが、米長期金利の上昇一服を受け米株先物が下げ渋り、節目の水準を維持した。海外時間に入ると米長期金利は英国債利回りの低下に追随。更に、ISMの9月PMIが50.9と景気減速との分かれ目ギリギリの水準になったことや、支払価格など各指数も前月から低下したことで、積極的な金融引き締めが緩むとの思惑から長期金利は一段と水準を下げ、BTCは米株に連れ高となる格好で280万円の上抜けに成功した。

ビットコイン概況
第1表:前日のBTC対円四本値と値動き 出所:bitbank.ccより作成
ビットコインチャート
第1図:前日のBTC対円(左、1分足)と直近3カ月のBTC対円(右、日足)チャート 出所:bitbank.ccより作成

また、昨日はNY連銀のウィリアムス総裁が、積極的な金融引き締めが依然として必要としながらも来年にはインフレが3%まで戻るという自身の見解を示した。相応に急ピッチなインフレ減速見通しとなるが、やはり市場の期待インフレが顕著に低下したことや、景気減速の可能性が浮上していることが当局者のスタンスに影響しているか。一方、本日はJOLTs求人件数の発表を控えており、金曜の雇用統計前に労働市場の逼迫が示唆されれば、昨日のリスクオンに水を差すことも想定される。また、昨日の米主要3指数の上昇に比べればBTCの上昇幅は控えめと言え、依然として市場に活気が戻ってきた印象は薄い。BTC相場は20,000ドル(≒289.5万円)を再び射程圏内に入れたが、ドル建てで基準線や雲下限が位置する20,500ドルエリア(≒296.7万円)が目先の上値目途か。

ビットコインハッシュレート,ディフィカルティ,先物資金調達率先物資金調達りつ
第2図:ビットコインのハッシュレート、ディフィカルティチャート(左)と先物資金調達率(右)チャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコイン市況データ
第2表:その他BTC市況データ 出所:bitbank.cc、Glassnode、CoinGeckoより作成
アルトコイン概況
第3表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/10/04:米長期金利低下でBTC反発 上値は限定的か?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL