「BCC/JPY」DailyTradingSignal :  調整局面が継続

真田雅幸
2020-02-19
(
Wed
)
Facebook
Twitter
Line

DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

BCC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


2月18日のビットコインキャッシュ(BCC)の日足終値は、前日から2.2%上昇した4.6万円でした。価格は14EMA(4.7万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(3.9万円)は上昇中で長期トレンドは強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(4.5万円)が先行スパン2(3.7万円)を上回り強気示唆です。昨日は一時6%ほど下落する場面がありましたが、終値にかけて回復し小幅に上昇しました。


Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(24)はプラス域で推移しており強気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-0.09)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(0.6)を下回り売りシグナルが点灯しました。

強気バイアス・シグナル : MACD(2865)はプラス域で推移しており強気示唆です。一方、Signal(3797)を下回り強い買いシグナルは出ていません。

BCC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコインキャッシュの日足のプライスアクションは弱気を示唆していますが、CCIとMACDがこれを否定しています。価格は長期EMAの上で推移しているため、緩やかに上昇トレンドが継続していると考えられます。現在、相場は調整局面に差し掛かっており、再び上昇するには14EMAを回復する必要があり、それまでは様子見となりそうです。




Latest Post