「BCC/JPY」DailyTradingSignal : 遅行スパン雲抜け

真田雅幸
2020-01-14
(
Tue
)

DailyTradingSignal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移


BCC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


1月13日のビットコインキャッシュ(BCC)の日足終値は、前日から1.3%下落した2.91万円でした。価格は14EMA(2.63万円)を上回り強気示唆です。53EMA(2.45万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は、先行スパン1(2.62万円)が先行スパン2(2.45万円)を上回り強気示唆です。現在の日足は雲を上抜けさらに遅行スパンも雲の上位で推移しています。


Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(189)はプラス域で推移しており強気示唆です。


強気バイアス・シグナル : Fisher(3.1)はプラス域で推移しており強気示唆です。本日の始値でTrigger(3.2)をゴールデンクロスし買いシグナルが再点灯しています。


強気バイアス・シグナル : MACD(1748)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(1079)を上回り買いシグナルが継続中です。

BCC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコインキャッシュの日足のプライスアクションは強気を示唆し、すべてのオシレーターがこれをコンファームしています。一目均衡表の遅行スパンが雲の上位で推移していることから長期的な強気相場に入っていると考えられます。上昇トレンドが明確化される一方、CCIやFisherなどを見ると、徐々に下落しつつあり価格上昇の勢いが落ち着いてきていることを表しています。オシレーターの形から今後価格調整が起こると予想されるため、押し目買いを狙いたいところです。

Latest Post