Ethereum Foundation、Ethereum2.0に向けたASICハードウェアを開発

BTCNアラート
2018-11-03
(
Sat
)

Ethereum Foundationの研究者であるジャスティン・ドレイク(Justin Drake)は、ビーコンチェーン(従来のPoWチェーンと一時的に並存するPoSチェーン)を通してPoS(Casper)に移行する過程で必要となるASICの設計を発表した。VDF(Variable Delay Function)を用いた乱数を生成し、バリデータをシャッフルする機能などを兼ね備え、PoWのASICよりも低コストであるという。参照元

No items found.
Latest Post