「BTC」DailyTradingSignal:様子見も時には大事

真田雅幸
2019-09-12
(
Thu
)

DailyTradingSignal

  1. 弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移
  2. 弱気バイアス・シグナル:Fisherが下落トレンド
  3. 強気バイアス・シグナル:CCIがプラス圏で推移
  4. 強気バイアス・シグナル:MACDが上昇トレンド

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

9月11日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日比0.82%上昇した109.5万円でした。4日振りに陽線を記録し小幅に上昇しました。価格は14EMAの下でクローズし、3日連続で安値と高値を切り下げ、弱気な値動きが続いています。ADX(16.1)は下落トレンドにあり20を下回っていることから強いトレンドが無い相場であることを示唆しています。

Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル:「Fisher(0.4)は下落トレンドにあり、本日はマイナス圏で推移し始めています。」

強気バイアス・シグナル:「CCI(15.2)は0に近いプラス圏で推移しています。」

強気バイアス・シグナル:「MACD(-2103)はマイナス圏で上昇トレンドが継続しています。一方、9月7日から伸び率は減少傾向にあり2,3日後にはSignal(-6368)に追いつかれデスクロスする可能性があります。」

複数のオシレーターは強気を維持しているものの、プライスアクションは徐々に弱気を示唆しだしています。オシレーターが弱気に揃ってくると方向感がより鮮明になると考えられます。ADXは強いトレンドの存在を否定しており、現在は様子見相場と言えるかもしれません。

No items found.
Latest Post