ライトコインの半減期が数日に迫る、価格推移は低調

真田雅幸
2019-08-02
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

ライトコイン(LTC)のマイニング報酬が半分になる半減期が8月5日に予定されています。LTCの価格は今年に入り約230%ほど上昇しており、半減期が投機材料となり価格を押し上げました。

BitInfoCharts.com

半減期後はマイナーの収益性も半分になるためハッシュレートの下落が予想されます。一方、価格の上昇と共にハッシュレートも上昇しているため、半減期後にハッシュレートが大きく落ち込んだとしても、51%アタックなどのブロックチェーンへの攻撃が成功する可能性は非常に低いままだと考えられます。

Coinbase,LTC/USD(日足)

LTCの価格は現在96.9ドルで推移しています。6月22日に記録した146ドルから下がり始め、下落トレンドが継続中です。今週は100ドル付近がレジスタンスとなり上値が抑えられています。基準線も101.1ドルで推移しておりさらに上値を重くしている状態です。

オシレーター系のインジケーターを見ると、Fisherトランスフォームは0ラインを超えており強気を示唆。CCIは51で推移しておりほぼニュートラルに近い状態です。

価格推移からは前回高値の106ドルを超えない限りは下落トレンドの継続が濃厚と言えます。

LTC/BTC(日足)

ビットコインの市場ドミナンスが上昇トレンドにあるということもあり、LTC/BTCのチャートは強い下落トレンドが続いています。ビットコインのドミナンスは現在65%を超えており、ドミナンスに変化がない限りはLTC/BTCのチャートは下落トレンドが続くものと予想されます。

LTC/BTC(日足)

7月31日の日足終値では、FisherトランスフォームがTriggerラインをクロスし、CCIが100を超え、同時に買いのシグナルが出されていました。しかしこの日は、7月18日に記録した上ひげを終値で超えることができず、結果的にフェイクブレイクアウトとなりました。

Fisherトランスフォームは、逆に8月1日の終値でTriggerラインを下方へクロスし売りのシグナルを出しています。全体のトレンドを考慮すると下落方向へのトレードの方が期待値が高そうです。

No items found.
Latest Post