インド議会、グジャラート州の司法調査を要求 ビットコインで「巨額」洗浄の疑い

BTCN編集部
2018-07-06
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

インド議会は木曜日、ビットコインを使い不正に資金を調達しているとして、グジャラート州に対し司法調査を行うよう最高裁に要求した。議会のシャキティン・ゴヒル氏は、「わずか5日で74.5億インド・ルピーが流入している」として、資金洗浄を目的としてビットコインが用いられた痕跡があると糾弾した。総額500億インドルピーにのぼるとされ、日本円に換算すると800億円相当。帳簿と結びつかない資金が多額発見された。

No items found.
Latest Post